独自のアプリも作ることができます

もし、あの使いにくいCRMのアプリを、自分たちが使いやすいものに変えられたらどんなに良いだろう・・と思ったことはありませんか?

あるCRMのベンダでは、グループウェアを使いアプリを作成できるようになっています。自分たちが使いたいものに近いアプリを一覧の中から選び、カスタマイズ。カスタマイズといってもITの詳しい知識などは必要無いため、安心して作業することができます。これまでに手間と時間をかけて行っていた作業、分析が難しかった業務内容もこのアプリを使うことで簡略化できるようになれば、CRMへのイメージも良くなりますし、ひいては人手不足の解消にもつながりますからね。

アプリを作る?というと、さらに難しいイメージもついてしまいますが、一度は経験してみるのもおすすめです。CRMの有効性はすでに世界中に広まっていますから、その流れに乗れるように営業マンも挑戦することが大事ですね。無料のアプリなども提供されていますから、そこからCRMの本格導入へとステップアップしていくのも良いかもしれません。

Posted in 未分類 | Leave a comment

一部のみの活用では・・

CRMって、営業部だけコールセンターだけマーケティング部だけというように、一か所だけの活用では思うような結果を出すことができないって知っていますか?

マーケティング部と営業部は仲が悪かったり、コールセンターは浮いた存在だったり、横のつながりってあまり無いものなんですよね。私の知り合いも驚いたと言っていたのですが、緊急に製品を発注しなくてはいけない自体になったとき、それぞれの部署に電話し、返事が返ってくるまでに1時間ほどかかった。まとめる人材がいない、横のつながりが無いのでいちいち根回しをして発注しないといけない。自分の会社はこんなにまとまっていなかったのか?と驚いたと。

意外と日本の企業ってこういうところが多いのでしょうね。それなりの売り上げを持ち、名前も知られている企業でもこうなんですから、中小企業は尚のことかもしれません。

せっかくCRMを導入するのであれば、一部のみの利用ではもったいなく、情報も少ししか蓄積されませんよね。全社を上げて横のつながりを保ちながらその効果を実感していく。こんな使い方ができると最高ですね^^

Posted in 未分類 | Leave a comment

日本のビジネスシーンには合わなかった

SFAの旧システムでよく問題になっていたのが、日本のビジネスシーンに合わない、ということ。アメリカからわたってきたSFAですから、アメリカの営業を基本に機能が開発されたり、使い勝手を良くしたりしているわけです。それをそのまま日本に持ってきても、それは日本人は使いにくいですよね。

そもそも、日本では属人的営業が主流でした。営業マンの個人個人が自分なりの営業方法を見つけ出し、人脈を作り、営業や顧客に関する情報は全てその営業マンが持っていたんです。逆に言うと、担当している営業マンにしか彼らが抱える案件の情報は知ることはできません。

でもSFAは全ての情報は一元管理、どういった情報でもすべてが他の営業マンに知られてしまうわけです。いきなりビジネスの仕方が変われば、営業マンは嫌がるに決まっています。
それを、少しずつ日本のビジネスシーンに順応できるように、今のSFAは改善されてきています。

ベンダー自体も、提供しているSFAを改善し続けているんですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

具体的な使い方は

SFAを効率的に使うには、どうしたら良いのか。その具体的な使い方について紹介されていて、納得できた記事がありました。

現在の企業の中の部署で最も嫌がられているのがテレアポ。精神的にも大きなダメージを受けるため、継続できるほどの肝が据わった人は少ないでしょう。しかし、企業としては非常に重要な位置を占めるため、必ずテレアポを経験しないと幹部候補になれない、というところもあるようです。

テレアポに関しては、AIやSFA、CRMなどの営業支援ツールの導入も進んでいますが、まだ精神的な負担軽減までは至っていないとのこと。でも使い方を工夫するだけでもかなり違うそうです。

手当たり次第に電話をかけるのではなく、見込み顧客にメールを送り、開封率、クリック率、そしてクリックされた商品を絞り込み、率が高い見込み顧客のみに電話をかけるんです。

これだと、手あたり次第のテレアポに比べると成約率はかなりアップしますし、何より話を聞いてくれる、という安心感が高まるそうです。納得ですよね。

ナレッジスイート株式会社

Posted in 未分類 | Leave a comment

使わなくてはいけない財産にしていく

SFAを営業マンが使ってくれない、使っていてもそのメリットを感じられていない、といった声をよく聞きます。そして、そのうちSFAは負の遺産のようにいつしか眠ってしまったツールと化していると。

きっとSFAの導入には相当な費用もかかっているでしょう。それでも、現場では使ってもらえないなんて、本当に無駄遣いですよね^^

ではどうやったら営業マンたちは積極的にSFAを使ってくれるのでしょうか。もちろん、使いやすさは重要です。すべての営業マンがITに詳しいわけではありませんから、IT初心者のような人でも使いやすい管理画面のものにすること、これが最も大事です。そしてここが重要なんですが、SFAを「使わなくてはいけないツールにしていく」これなんですね。SFAの中には営業日報などの機能のほか、SNSに近い機能もあります。

多くの人がLINEなどでSNS機能の便利さは知っています。ですから、社内、部内で使えるSNSをSFAの中のものに変更するんです。ここに情報が蓄積されれば、いつしか財産となっていくことも間違い無しです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

名刺交換って大事

あるビジネスセミナーを行う人が応えていましたが、最近では個人情報、会社情報の流出をふせぐために、企業主催の研修などにおいて、名刺の交換を行うことを禁止しているところがあるそうです。

しかし、名刺を交換することからビジネスって始まりますよね。また、交換する際にその人物の人となりがわかりますし、自分も「こんな人間ですよ」と口で言わなくても名刺から確認してもらえることができます。この名刺の重要性を、企業の幹部が解っていない、というところに問題があるのでしょう。

すでに世の中では名刺の管理ツールの利用が浸透しつつあります。情報流出ということに気を配る反面で何が起きてしまうのかも、きちんと考える必要がありそうです。

CRMとは | KnowledgeSuite

Posted in 未分類 | Leave a comment

引継ぎも怖くない

経営者として、社員が辞め新入社員に引継ぎが行われる際、心配なのが引継ぎですよね。それまで良好な関係を築いていたのに、きちんと引継ぎが出来ていないことでいつのまにか取引が出来ない状態になっていた・・、こんな悲劇を生みたくはありませんから。

引継ぎが丁寧に行われるには、社員同士の口頭での申し送りとともに、それまでの営業情報、顧客情報が必要となります。もし、これらの情報が辞めていく社員の頭だけに入っていたらどうでしょう。経営者の描く悲劇が待ち構えているんです。

名刺の管理ツールだけでも使っておけば、この悲劇を未然に防ぐことが可能です。名刺情報は蓄積され、最低限の営業情報もここに記録していくことが可能です。SFAやCRMなどのシステムが使えない会社でも、名刺の管理ツールであれば容易に導入も可能です。

Posted in 未分類 | Leave a comment

たとえ金額は少なくても

いわゆるロイヤルカスタマーと言われる顧客を大切にすることは、企業にとって重要なことですが、そうではない顧客、購入金額が少ない顧客にもコミュニケーションを継続していくことは大事と言えます。

今は購入があまり無くても、今後もしかしたら自社に大きな利益をもたらす顧客に化けるかもしれませんし^^対応が良いということで評判を広めてくれる可能性もあります。そうです、今はSNSが発達していますから、顧客対応が素晴らしければ勝手に顧客の方が評判を上げてくれるわけです。そうなると、他の新規顧客を獲得でき、販売網は自然と広がっていくでしょう。

こういった顧客それぞれに最適なコミュニケーションを図るには、CRMが最適なツールと言われています。顧客の属性情報とともに、それまでの購入履歴、コールセンターなどへの問い合わせ、クレームなどもすべて一元管理されますから、それぞれの顧客ニーズ、嗜好を的確につかむことが可能となるんです。想像以上の効果もあるかもしれませんよ^^

sfaクリウド

Posted in 未分類 | Leave a comment

責任者のメリットは

SFAを使うと、責任者の立場の方にはどんなメリットがあるかご存知ですか?知っているようで実際にはよく見えていない、SFAの責任者としてのメリットをご紹介しましょう。

まず、営業マンたちの営業動向が見えるかされること。今、どのような場面まで営業が進んでいるのかをリアルタイムに確認ができます。もし、ライバル会社と競っていた場合、予算などを速やかに解れば、戦略的な計画をスピーディーに作成できます。受注や発注の判断も正確になります。また、営業マンたちがいつもどのようなことにポイントを置いて営業しているのかも見えるため、余計なこと、もっと時間をかけて欲しいことが、具体的にわかるわけです。そして最大のメリットは、数字が毎日わかるということ。売り上げ達成してからとか、会議の時までとか言うのではなくて、その日にどれだけの売り上げを達成できているのかが全員分わかれば、次の日にあとどれだけ売り上げを上げたいのか、営業マンたちにも具体的な数字で告げることができるため、非常にわかりやすい仕事ができるんですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

自然災害が増えているからこそ

悩むところではありますが、自然災害が増えているからこそ、書類や名刺の整理を始めている方、会社があるそうです。浸水被害、暴雨風被害、そして地震による被害で紙に書かれたものが見えなくなったり紙自体が紛失してしまうこともあります。

そこで、こういった紙の書類を電子化してしまうことで、情報の紛失を防ごうとする動きが始まっているんですね。とくに名刺なんて小さなものですし、会社のあちこちに散在してしまっていますから、何かの災害に巻き込まれたときには大変ですよね。

名刺の管理ツールを活用すれば、名刺情報はすべてクラウド管理されますから、たとえ自社のデータが消えてしまってもクラウドから再度引き出すことが可能です。

ただ、停電などでサーバー自体が落ちてしまうと、これまた使えなくはなるため、悩むところではあるんですよね^^

Posted in 未分類 | Leave a comment