リードナーチャリングを少数精鋭で

リードナーチャリングという言葉をよく目にしますが、これは見込み客を顧客へ、そして優良顧客へと育成していくこと。つまり、まだ顧客ではないけれども、今後顧客になりそうな人物や会社の情報を得、様々な手段を使って購買意欲を高めてずっと購入を続けてくれる顧客になってもらおう!ということです。

そのためにはメールやメルマガ、ウェブ広告やホームページなどのデジタル、あるいは電話、DM、ハガキ、イベントといったアナログを活用することが必要となってきます。その際に活用することでより効率的、効果的に見込み客を育成できるのがCRMなんですね。

たとえ大企業と言ってもリードナーチャリングのためだけに社員をたくさん使うわけにはいきませんよね。そこで営業支援ツールであるCRMのパーソナライズ機能などを使い、それぞれの見込み客が欲しがっているであろう情報の提供、商品情報の提供などを効率的に行うことで、少数精鋭でもそれが可能になるというわけです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>