転職が当たり前のアメリカだから

1980年代にアメリカでSFAのようなシステムが作られたと言われています。なぜ作られたのか、それはアメリカ独自の営業マンの働き方に理由があったようです。

日本では1980年代前は年功序列、終身雇用がまだまだ当たり前の時代。一つの会社で仕事人生を全うするのが美徳とされていましたよね。でもアメリカではそれは考えられない、というか逆だったかもしれません。どんどん営業スキルを磨き、転職を重ねることで自分の価値を高めていく、これが出来るビジネスマンの姿だったのでしょう。

ところが転職する方は良しとして転職される側の企業としては、それまで営業マンが持っていた顧客情報も全て無くなってしまうため、顧客の引き継ぎや開拓に多くの障害が出ていたんですね。

また、アメリカでは4半期ごとの性格な営業予測を立てることも求められる風土があったため、企業自体が顧客情報、営業情報などを蓄積し、管理できるシステムが必要になったんですね。

日本とアメリカにはこのようにも大きな違いがあったんですね。。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>