一元管理できます

案件情報は、営業担当者が記入する案件の記録や日報を見れば確認ができますよ。管理者となる上司は常にこれらの情報から案件の動向、失敗に至らないよう注意を払っていると思われます。

しかし、案件情報や日報の記入の仕方は人それぞれ。内容の深さにしても範囲にしても、また書式やポイントとなることもバラバラなのが当たり前。となると、それらを見て案件の動向を確認するのって手間がかかりそうですよね。それに、管理者が欲しい情報と営業担当者が記入したい情報が違っている場合もあるようです。こうなると、管理者のストレスも相当なものかもしれません^^

もちろん営業担当者には何らかの指示をしていると思いますが、100%それを実行できる人っていませんよね。その点、SFAを活用すればこれらのことはすぐに解決するんですね。あらかじめどのような情報を入力するのか設定しておくことができます。管理者が欲しい情報を営業担当者はチェックするだけで入力できる、ということも可能です。

両者がともに気持ちよく働けることも、SFAを導入すれば可能になるんですね。

詳しくはこちら

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>