日報がわかりやすい営業マンは・・

SFAを導入し、管理者が発見できたことに、日報がわかりやすい営業マンは商談件数そして成功率が高いということだったそうです。これってどの会社にも言えることかもしれませんね。

日報には、その日自分がどこの会社で何を行い、何を話したのか。商談の進み具合や今後の予測、さらに過去の商談例も含めた客観的視点などから計画も立てています。これらが理路整然と書かれていれば、管理者もこの営業マンがどのような方向に進みたいのか、今日何をしたのかが明確に把握できますよね。

でも、とりあえずその日一日行ったことを書いただけ。項目にチェックを入れただけ、それだけの日報からは何も感じ取ることはできません。確かに、チェックを売れるだけでも良い、と言われているかもしれません。しかし、詰まる所日報入力は自分自身の営業の記録であり、次の営業への糧にもなる大事な資料です。これを活かすも殺すも、当の営業マン次第ということになります。

人にわかりやすいということは、自分の中でも整理ができていること。これを理解して欲しいですね。

詳しくはこちら

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>