ギャップを知ることも大事

SFAを活用することで見込み案件をより確度の高い案件へと押し上げることができますが、ギャップを知る、ということも出来るんです。

例えば、自社でそれまで行っていた案件の進め方。これと、SFAで導かれる進め方です。SFAではより効率的な案件の進め方が導きだされるのですが、それとそれまで行ってきた進め方にどんなギャップがあるのか。これを知るだけでも営業マンは約に立つはずですよね。

また、進行中の案件だけにとらわれ過ぎてそれ以外の、実は非常に確度が高かった案件を逃していた、ということも無くなります。SFAによって人の目が行き届かない部分にも簡単に注意を払うことができるようになるんですね。

すると、こんなにもったいないことをしていたんだ!と、そのギャップに驚き、反省できるわけです。SFAではギャップを知るだけでなく、その後にどんな行動を起こせば案件を確保できるのかもわかりますから、一度SFAを使いこなせるようになると、きっと手放せないツールになることでしょう。

GRIDY名刺CRM

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>