まずは入力作業から

せっかくSFAを導入しても、営業マンたちが情報を入力しなければ何も始まりません。しかしこの入力作業自体に大きな壁があるんだそうです。

これは大企業だけではなくて中小企業にも言えることのようですが、情報というものが社内に散在してしまっているんですね。紙に顧客情報、案件情報を記入していた時代、その紙は倉庫に保管されていたり、社員のデスクの上、中、そしてどこかにファイリングされたままになっていたり。それらをすべて集めることも大変ですが、それらのうち、情報として残すもの、捨てるものの選別作業に時間がかかるんですよね。

最も良いのは時期を決めること。3年以内、2年以内と、あらかじめ自社で必要と思われる年数を決めてそれ以外はすべて破棄かそのまま紙で保管。

そして、選別したものを片っ端から入力していくんです。最初はその膨大な量にテンションも落ち気味になるかもしれませんが^^ここを頑張ることで、のちの営業、新規顧客獲得にも大きな違いが出てくるんです。

sfa導入

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>