短期的な効果を期待している

SFAを導入する企業の幹部は、潜在的に短期的な効果を期待していると言われています。それはそうですよね。コストをかけて導入したシステムが、半年経っても効果が見えて来なければ「一体どんな使い方をしているんだ!」とか、言ってしまうかもしれません。

これからのビジネスにおいて、SFAやCRMなどのITツールは必須のものとなるでしょう。確実な経営戦略を立てるためにも重要な道しるべとなるはずです。ただ、SFAは顧客情報を入力するだけではなくて、長期に渡る顧客との営業プロセスの情報が元になります。営業マンが営業を行い、そこで話された取引先の担当者との会話、ライバル会社の噂、キーマンとなる人物、商談の成功あるいは失敗に至る経緯などがSFAに蓄積されていく情報。ある程度の期間貯めた情報が意味を持つんですね。

そのため、SFAを導入する際には、最初から長期的な効果というものを念頭に置いて、導入、運用していくことが大切なんです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>