試用期間を使って

SFAの活用をスムーズに行っていくには、導入前の段階ですでに営業マンたちがSFAを負担に感じないようにしておくことが良いと言われています。どういうことかと言うと、SFAには導入前にお試しで使ってみてください、という試用期間を設けているものが多くあるんです。これで一度導入を進めたいSFAに慣れてもらい、使い方を学んだ上で本格導入に進むというわけです。

SFAは、最初の画面から難しそう、使いこなせない、と言う営業マンもいますが、もう一つ、機能の多さが混乱を招くことも多いんですね。そのため、試用期間中はベンダーから担当者に来てもらい、徹底的に画面の扱い方、機能の説明や使い方を習うようにします。そして、それでも使いづらかったり、自社の課題に合わなければカスタマイズしたり機能を増やしたり、あるいは別のベンダーのSFAを探すとか、あらゆる方向に広げられるよう、管理者は広い視野でSFAの導入を進めて行けば、営業マンたちもSFAの導入に難色を示さなくなるでしょう。

GRIDY名刺CRM

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>