あらすじを立てることができるもの

CRMを導入したからと言って、すぐに顧客満足度が向上する、売り上げアップとなる、と言うわけではありません。

新システムの導入は業務効率化、会社の利益アップというものですが、そこに行くまでには簡単な道のりではないということも知っておく必要があります。とくにCRMは営業部だけではなくて他の部門との連携が必要ですし、情報を入力してお仕舞というものでは無いんです。

CRMの導入失敗は、使い勝手が悪かった、機能が多すぎて的が絞れなかった、営業マンの負担が多すぎたというような声が聞こえてきます。しかし、CRMは使いこなせるようになってから始めて結果が見えてくるものですから、ある程度CRMに対する専門知識は必要ですし、我慢、負担もそこにはあるべきなんです。

また、CRMが売り上げに直結する、とも思われていますが、あくまでCRMはツールであり、顧客満足度を向上させるためのストーリー、あらすじを立てることができるものなんです。ここをきっちりと皆が理解しておかないと、結果が出ないということを知っておくべきです。

sfaクリウド

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>