適材適所というところでしょうか

働き方改革と人材不足。相反する状況が目の前にあり、経営者の方たちは頭を抱えているようです。

人が足りないのに、働く時間を減らさないといけないとなれば、そこにはITの力を入れるしかありませんよね。幸い、営業の分野でも最近はSFAといった営業支援ツールが一般化してきていて、それを扱える人材も増えているそうです。

ただ、地方の小さな中小企業などでは、営業マンの代わりにSFAを導入したところで、どれくらいの効果が上がるかは疑問ですよね。やはりSFAは多くの見込み顧客、案件にできる商材の多様さなどが根底にあるから使えるツールなんですよね。規模も狭く、小売の場合に新規顧客を見つけるというのも大変ですし、広告などをすればお金もかかってしまいます。

こういった中小企業ではSFAよりもSNSをうまく活用し、お金をかけずに顧客を集める方が得策かもしれません。知り合いでも既存顧客でも誰かに商品を使ってもらって、その良さを拡散する。より多くのフォロワーがいるユーザーを捕まえられれば^^しめたものですね!

名刺CRM機能紹介 |GRIDY特徴

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>