日本のビジネスシーンには合わなかった

SFAの旧システムでよく問題になっていたのが、日本のビジネスシーンに合わない、ということ。アメリカからわたってきたSFAですから、アメリカの営業を基本に機能が開発されたり、使い勝手を良くしたりしているわけです。それをそのまま日本に持ってきても、それは日本人は使いにくいですよね。

そもそも、日本では属人的営業が主流でした。営業マンの個人個人が自分なりの営業方法を見つけ出し、人脈を作り、営業や顧客に関する情報は全てその営業マンが持っていたんです。逆に言うと、担当している営業マンにしか彼らが抱える案件の情報は知ることはできません。

でもSFAは全ての情報は一元管理、どういった情報でもすべてが他の営業マンに知られてしまうわけです。いきなりビジネスの仕方が変われば、営業マンは嫌がるに決まっています。
それを、少しずつ日本のビジネスシーンに順応できるように、今のSFAは改善されてきています。

ベンダー自体も、提供しているSFAを改善し続けているんですね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>