独自のアプリも作ることができます

もし、あの使いにくいCRMのアプリを、自分たちが使いやすいものに変えられたらどんなに良いだろう・・と思ったことはありませんか?

あるCRMのベンダでは、グループウェアを使いアプリを作成できるようになっています。自分たちが使いたいものに近いアプリを一覧の中から選び、カスタマイズ。カスタマイズといってもITの詳しい知識などは必要無いため、安心して作業することができます。これまでに手間と時間をかけて行っていた作業、分析が難しかった業務内容もこのアプリを使うことで簡略化できるようになれば、CRMへのイメージも良くなりますし、ひいては人手不足の解消にもつながりますからね。

アプリを作る?というと、さらに難しいイメージもついてしまいますが、一度は経験してみるのもおすすめです。CRMの有効性はすでに世界中に広まっていますから、その流れに乗れるように営業マンも挑戦することが大事ですね。無料のアプリなども提供されていますから、そこからCRMの本格導入へとステップアップしていくのも良いかもしれません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>