同業他社の情報も

これは確実な話ではないかもしれませんが、SFAを活用すると同業他社の情報も入手し、自社の営業に役立てることができるようになっているとか。

情報化社会と呼ばれるようになって久しいものの、蓄積された情報を分析できる人がいなかったり、分析できても活かす人材がいないなど、勿体ない状況が続いていました。そこに目を付けた人たちが動き、次第に活用できる人たちが増えつつあるんですよね。

SFAを提供している会社には多くの顧客がいます。それぞれが持っている情報を連携させることで、より情報量は増加し、分析結果にも高い確度を示すことができるようになります。ターゲットを絞った確度の高い営業が可能となるわけです。

ただ、ここで問題になるのは情報提供する側、もらう側のセキュリティですよね。基本、ユーザーの情報は取引をした企業のみがその時だけしか使わない、という契約をしているわけです。名前やユーザー名、IDなどは一切使わないにしても、自分の情報がむやみに他社に流れるというのはあまり気持ちの良いものではありません。。この点がクリアになると良いのですが。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>