なすりつけ合いになっていませんか?

商談が成立しにくかったり、もらった情報が違っていた場合、責任のなすりつけ合いが勃発することもあるかもしれません。とくに、マーケティング部と営業部。仲が悪い会社がけっこうあるんだそうです。

マーケティング部が分析した情報を元に営業部が営業をかける。すると、すでに終わったものだったり、情報が間違っていたり。。横の連携が取れていないせいで、情報が古すぎる、顧客が名前が同じなのに業種が違っていた、ということが実際に起きてしまうんです。

そこで、CRMを会社全体で使っていくことで、このようなミス、業務の停滞、そして部門ごとの分断を改善していくことができるそうです。最初から同じツールを活用し、情報も全て一元管理されるため同じ情報を使う。更新されればそれもリアルタイムで同時に確認できるため、常に両方の部門で新鮮な情報を持っておくことができる、ということのようです。

このCRMによって、責任のなすりつけ合いといったことも無くなる日も近いことでしょう^^


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>