名刺交換って大事

あるビジネスセミナーを行う人が応えていましたが、最近では個人情報、会社情報の流出をふせぐために、企業主催の研修などにおいて、名刺の交換を行うことを禁止しているところがあるそうです。

しかし、名刺を交換することからビジネスって始まりますよね。また、交換する際にその人物の人となりがわかりますし、自分も「こんな人間ですよ」と口で言わなくても名刺から確認してもらえることができます。この名刺の重要性を、企業の幹部が解っていない、というところに問題があるのでしょう。

すでに世の中では名刺の管理ツールの利用が浸透しつつあります。情報流出ということに気を配る反面で何が起きてしまうのかも、きちんと考える必要がありそうです。

CRMとは | KnowledgeSuite

Posted in 未分類 | Leave a comment

引継ぎも怖くない

経営者として、社員が辞め新入社員に引継ぎが行われる際、心配なのが引継ぎですよね。それまで良好な関係を築いていたのに、きちんと引継ぎが出来ていないことでいつのまにか取引が出来ない状態になっていた・・、こんな悲劇を生みたくはありませんから。

引継ぎが丁寧に行われるには、社員同士の口頭での申し送りとともに、それまでの営業情報、顧客情報が必要となります。もし、これらの情報が辞めていく社員の頭だけに入っていたらどうでしょう。経営者の描く悲劇が待ち構えているんです。

名刺の管理ツールだけでも使っておけば、この悲劇を未然に防ぐことが可能です。名刺情報は蓄積され、最低限の営業情報もここに記録していくことが可能です。SFAやCRMなどのシステムが使えない会社でも、名刺の管理ツールであれば容易に導入も可能です。

Posted in 未分類 | Leave a comment

たとえ金額は少なくても

いわゆるロイヤルカスタマーと言われる顧客を大切にすることは、企業にとって重要なことですが、そうではない顧客、購入金額が少ない顧客にもコミュニケーションを継続していくことは大事と言えます。

今は購入があまり無くても、今後もしかしたら自社に大きな利益をもたらす顧客に化けるかもしれませんし^^対応が良いということで評判を広めてくれる可能性もあります。そうです、今はSNSが発達していますから、顧客対応が素晴らしければ勝手に顧客の方が評判を上げてくれるわけです。そうなると、他の新規顧客を獲得でき、販売網は自然と広がっていくでしょう。

こういった顧客それぞれに最適なコミュニケーションを図るには、CRMが最適なツールと言われています。顧客の属性情報とともに、それまでの購入履歴、コールセンターなどへの問い合わせ、クレームなどもすべて一元管理されますから、それぞれの顧客ニーズ、嗜好を的確につかむことが可能となるんです。想像以上の効果もあるかもしれませんよ^^

sfaクリウド

Posted in 未分類 | Leave a comment

責任者のメリットは

SFAを使うと、責任者の立場の方にはどんなメリットがあるかご存知ですか?知っているようで実際にはよく見えていない、SFAの責任者としてのメリットをご紹介しましょう。

まず、営業マンたちの営業動向が見えるかされること。今、どのような場面まで営業が進んでいるのかをリアルタイムに確認ができます。もし、ライバル会社と競っていた場合、予算などを速やかに解れば、戦略的な計画をスピーディーに作成できます。受注や発注の判断も正確になります。また、営業マンたちがいつもどのようなことにポイントを置いて営業しているのかも見えるため、余計なこと、もっと時間をかけて欲しいことが、具体的にわかるわけです。そして最大のメリットは、数字が毎日わかるということ。売り上げ達成してからとか、会議の時までとか言うのではなくて、その日にどれだけの売り上げを達成できているのかが全員分わかれば、次の日にあとどれだけ売り上げを上げたいのか、営業マンたちにも具体的な数字で告げることができるため、非常にわかりやすい仕事ができるんですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

自然災害が増えているからこそ

悩むところではありますが、自然災害が増えているからこそ、書類や名刺の整理を始めている方、会社があるそうです。浸水被害、暴雨風被害、そして地震による被害で紙に書かれたものが見えなくなったり紙自体が紛失してしまうこともあります。

そこで、こういった紙の書類を電子化してしまうことで、情報の紛失を防ごうとする動きが始まっているんですね。とくに名刺なんて小さなものですし、会社のあちこちに散在してしまっていますから、何かの災害に巻き込まれたときには大変ですよね。

名刺の管理ツールを活用すれば、名刺情報はすべてクラウド管理されますから、たとえ自社のデータが消えてしまってもクラウドから再度引き出すことが可能です。

ただ、停電などでサーバー自体が落ちてしまうと、これまた使えなくはなるため、悩むところではあるんですよね^^

Posted in 未分類 | Leave a comment

適材適所というところでしょうか

働き方改革と人材不足。相反する状況が目の前にあり、経営者の方たちは頭を抱えているようです。

人が足りないのに、働く時間を減らさないといけないとなれば、そこにはITの力を入れるしかありませんよね。幸い、営業の分野でも最近はSFAといった営業支援ツールが一般化してきていて、それを扱える人材も増えているそうです。

ただ、地方の小さな中小企業などでは、営業マンの代わりにSFAを導入したところで、どれくらいの効果が上がるかは疑問ですよね。やはりSFAは多くの見込み顧客、案件にできる商材の多様さなどが根底にあるから使えるツールなんですよね。規模も狭く、小売の場合に新規顧客を見つけるというのも大変ですし、広告などをすればお金もかかってしまいます。

こういった中小企業ではSFAよりもSNSをうまく活用し、お金をかけずに顧客を集める方が得策かもしれません。知り合いでも既存顧客でも誰かに商品を使ってもらって、その良さを拡散する。より多くのフォロワーがいるユーザーを捕まえられれば^^しめたものですね!

名刺CRM機能紹介 |GRIDY特徴

Posted in 未分類 | Leave a comment

あらすじを立てることができるもの

CRMを導入したからと言って、すぐに顧客満足度が向上する、売り上げアップとなる、と言うわけではありません。

新システムの導入は業務効率化、会社の利益アップというものですが、そこに行くまでには簡単な道のりではないということも知っておく必要があります。とくにCRMは営業部だけではなくて他の部門との連携が必要ですし、情報を入力してお仕舞というものでは無いんです。

CRMの導入失敗は、使い勝手が悪かった、機能が多すぎて的が絞れなかった、営業マンの負担が多すぎたというような声が聞こえてきます。しかし、CRMは使いこなせるようになってから始めて結果が見えてくるものですから、ある程度CRMに対する専門知識は必要ですし、我慢、負担もそこにはあるべきなんです。

また、CRMが売り上げに直結する、とも思われていますが、あくまでCRMはツールであり、顧客満足度を向上させるためのストーリー、あらすじを立てることができるものなんです。ここをきっちりと皆が理解しておかないと、結果が出ないということを知っておくべきです。

sfaクリウド

Posted in 未分類 | Leave a comment

ITを活用して利便性を向上

上島珈琲、UCCコーヒー。私の父がコーヒー好きなため、子供の頃からコーヒーのメーカーの名前を聞いていたんですが、U上島珈琲、UCCも懐かしい名前です。

最近ではコーヒーと言えばスタバや星野珈琲などが広く知られていますよね。でも昔は^^喫茶店かカフェ、ファストフードのお店、そして自宅でおとして淹れるか。父がUCCの珈琲豆を扱う業者さんと知り合いだったこともあり、ここでブレンドしてもらった豆を自宅に持ち帰り、ガリガリと挽いて淹れていました。

その、我が家にとってはなじみのある上島珈琲が、上島珈琲店の空間演出の向上、毎月の商品リニューアルなど、店舗での改善を行っていくそうです。とくに内装において世代を若い人たちむけに変化させ、「来店客の世代交代に伴い若返りを図っていく。」さらには「顧客と親密な関係を構築するCRMも重視」とありました。

上島珈琲という、昭和に聞きなれた名前のお店が、とうとう今の時代に合わせてしまうのか・・と思うと、少々寂しい気がします^^

Posted in 未分類 | Leave a comment

試用期間を使って

SFAの活用をスムーズに行っていくには、導入前の段階ですでに営業マンたちがSFAを負担に感じないようにしておくことが良いと言われています。どういうことかと言うと、SFAには導入前にお試しで使ってみてください、という試用期間を設けているものが多くあるんです。これで一度導入を進めたいSFAに慣れてもらい、使い方を学んだ上で本格導入に進むというわけです。

SFAは、最初の画面から難しそう、使いこなせない、と言う営業マンもいますが、もう一つ、機能の多さが混乱を招くことも多いんですね。そのため、試用期間中はベンダーから担当者に来てもらい、徹底的に画面の扱い方、機能の説明や使い方を習うようにします。そして、それでも使いづらかったり、自社の課題に合わなければカスタマイズしたり機能を増やしたり、あるいは別のベンダーのSFAを探すとか、あらゆる方向に広げられるよう、管理者は広い視野でSFAの導入を進めて行けば、営業マンたちもSFAの導入に難色を示さなくなるでしょう。

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 | Leave a comment

過疎地域の学校や公民館などを利用

テレビでも田舎暮らしについて取り上げているものも多く、良いところばかりではなく、実際に何年も暮らしてみて、その結果をきちんと報告しているものもあるようです。

また、過疎地域には役目を終えた学校や公民館などもあり、それらを壊すことなく上手く利用しようとする動きも紹介されていました。

徳島県では、徳島市から車で1時間ほどの場所に「県外から民間施設を含む13社が立地した」という例もあるほど、古民家や市、県の施設などが有効活用されているそうです。平成16には「ケーブルテレビ兼用の光ファイバー網を整備」したことで、6年後名刺の管理ツールを提供するベンチャー企業が、こちらにもともとあった民家を利用して会社を作り、それがきっかけとなり、IT企業がこの地に多くのサテライトオフィスを作っているそうです。

Posted in 未分類 | Leave a comment